chapter25

              第25章 パウロの愛される人柄

ひとつ疑問が残っている・・・パウロは愛される人であっただろうか?
私たちは彼が有能で、賢く、異彩を放っていたことを知っている。しかし彼は人を惹きつける人
物であっただろうか?
私たちは彼が聖人であったことを認める。しかし彼は人に好かれただろうか?
ある聖人たちはそうではない。
私たちは彼が多くの徳を有していたことを認める。しかし徳のある人々が常に人を惹きつける
とは限らない。
彼らはその徳で私たちを飽き飽きさせた。
私たちはその人が高い原理の人であると認める。しかしその高い原理の人が全体としては魅
力に欠けることがある。
私たちは彼が強い人であることを知っている。しかし彼はうるわしかったのか?
私たちは彼が力に満ちていることを確信している。しかし彼は恵みに満ちていただろうか。
私たちは彼が勇敢であったと信じきっている。しかし彼は愛らしい人であっただろうか?
彼は偉大であったことは疑いの余地がない。しかし、私たちが嫌悪した大ナポレオン1世と同じ
ではないか。
トマス・アクイナスとジョン・カルビンは偉大であった。しかし彼らを愛する人がいるだろうか?
彼は興味深い、魅力的でさえある。しかし私たちは彼に自分の心を捧げるだろうか?

もしあなた方が彼に会っていたら彼を好きになるだろうか?
彼のいるところに自分もいたいと望むだろうか?
部屋に彼が入ってきたら、その部屋が変わって見えるだろうか?
彼があなた方から去った後、太陽が輝いて見えるだろうか?
彼にもう一度会うために熱心に探すだろうか?

画家たちは私たちがパウロを愛するためのたいした助けにはなっていない。
キリスト教絵画の全体を熟知しているある人が、パウロの全描写について述べており、そのイ
メージが満足を与えるものではないとする。

彼の肖像はキリスト者の家の壁には滅多に存在しない。

学者たちは全体として私たちが彼を愛する助けをしない。
彼らはパウロを理論家として示した。理論というもの氷のように冷たい。
彼らは私たちがパウロを、常に彼の好む信仰による義の教義を含む、教条主義者と思うよう
に教えた。教条主義者には磁力がない。
彼らは主張や論争に力強いパウロを描いた。その結果私たちはパウロを知的武士の如くに思
うようになった。
彼らはパウロを思考の人であるとあまりに言ったので、私たちは本能的に彼を異星人のように
見るようになった。
彼は威風堂々たる台座にたっていて、私たちは賛嘆して彼を見つめる。
彼は聖人の群れの中におり、私たちは彼を尊敬する。
彼は学者たちの著作のなかにあり、私たちは彼の名を、尊敬をもって語る。

私たちは彼に深く頭を下げて通り過ぎる。
現代の世のいかなるクラスの人々も彼を本当に愛しているかは疑わしい。
少年たちも少女たちも彼を好かない。また大学生たちは彼の手紙の写しをポケットにいれて持
ち歩かない。実業についている人々は彼に引かれるものを感じない。主婦たちは彼に喜びを
持たない。彼は工場や製粉所、鉱山、畑、事務所、店で苦労している数百万人のアイドルでは
ない。
彼は世の大衆の英雄の席を決して好まなかった。

パウロは人に愛されなかったと主張する人々がいる。
彼らは初期のキリスト教歴史のすべての人物中もっとも愛されなかった人として私たちの前に
彼を置く。
彼は利己的で・・・彼自身について述べるときはいつも・・・自己主張が強かった、と彼らは言
う。
彼らはパウロは貴族的で横暴であり、常に彼自身のやり方で事を決めたと宣言する。
彼らはパウロは偉大な使徒たちに嫉妬し、いつも彼らのあら探しをし、彼らの権威を落とそうと
試みたと主張している。
彼らはパウロの判断は過酷で、そのことばは苦いと非難する。
彼らは、狂信的、頑固者、その手段は無遠慮、気質は独善、人を惹きつけないばかりか胸くそ
悪いいまわしい性格の持ち主だとパウロを非難する。

これらは書物に書かれ、学識者として評判にある人々によって保証され、会集席にいる人は、
これらのパウロを非難する肖像に陥り、その人は幻惑され何を考え、語ったらよいか知らな
い。

誰かがパウロについて理解していると宣言している人に耳を傾けるとき、使徒の働きとパウロ
書簡に目を留めているべきである。

新約聖書がパウロについて語る以上にパウロを知っている学者は誰もいない。
パウロの姿は魅力がないということはすべて、彼の手紙によって完全に覆される。
その他全ての好ましからぬ姿が、パウロ批判のイメージに起因する書物に喧伝された。

提示されたパウロの絵はしばしば憶測と仮定の混合物である。
真のパウロは新約聖書中に描かれている。

新約聖書のテキストがパウロに近づくことを許している以上に、彼に近づくことができた私たち
の時代の学者は誰もいない。
パウロが愛される個性の持ち主であったか否かについの疑問に対し、ルカが記した小さな本
はこれまで書かれた全ての本に優る価値がある。

ルカはパウロを知っており、ルカにとってパウロは全ての点で魅力があるように見えた。
ルカはパウロの旅行の同伴者であった。
彼は陸地でも海の上でも彼と一緒にいた。
彼は多くの困難な経験を共に味わった。

彼はパウロの傍らで伝道活動を共に行った。
彼はパウロと一緒に食べ、一緒に語り、一緒に祈り、一緒に何百マイルを歩いた。
ルカが知っていることに比べ、もっとパウロを知っている現代の著作者は一体誰か?
なぜルカよりも、現今のドイツ人、フランス人、オランダ人、イギリス人あるいはアメリカ人の一
人を選ばなければならないのだろうか?
パウロの個性に関わる何らかの点でルカに反対する人は、聴くに値しない人物である。

ルカはパウロに対して非常に献身的であった。それゆえ彼は喜んで果てしない困難と危険を
彼と分かった。
彼は獄中のパウロそばに喜んで留まった。
彼は、ネロが皇帝の座にいたときさえ、ローマにパウロと同行することに熱心であった。
デマスは世がパウロよりも魅力的であると思った。しかしルカにとっては、全世界も彼の友に比
べれば無いに等しいものであった。
ルカは最後までパウロに忠実であった。
これは死に至るまで忠実な愛の究極的テストであった。
ルカは、同じようにパウロに献身的であった人々について私たちに語る。
エペソの長老たちはことばも抱擁も涙も表現できない愛をもって彼を愛した。

彼らは何年もパウロを親しく知っていた。
彼らはパウロを彼らの家庭と心に迎え入れた。
彼らは泣くことなしには彼にさようならを言えなかった。
彼らは太陽が空から取り去られるまで、再び彼に会うことは決してできないだろうと思った。
ある現代の聖書神学者の描いた風刺画は、ルカによって描かれた魅力があり愛すべき人とは
全く似ていない。

もしもパウロが無愛想で不快な人物であったら、どうして私たちが彼の影響を数えることができ
るだろうか?
なぜテモテはルステラの彼の家庭を喜んで去ったのだろうか。そして、ただ神のみがその行き
先を知っていたところへと、比較的見知らぬ人についていったのだろうか?
なぜ彼の母と祖母は喜んで彼を行かせたのだろうか?
力強さがこのように若者を惹き付け彼の家庭からさらせる魅力を持ち、そのような危険な旅路
に旅出させるかも知れない。
テモテはただパウロの人柄の魅力に打ち負かされ捉えられた多くの人々のひとりにすぎない。

シラスは全てを残してパウロについていった。
彼は危険を冒し入牢しむち打たれる備えがあった。

足かせにつながれた獄舎の中においてさえ、パウロと一緒に彼の傍らで歌うことができた。
テトスもまた逃れることのできない愛のグリップに捉えられた。
パウロの役に立つことは彼にとって生きることであり喜びであった。
余りにも長かったり困難すぎたりする用足しはなく、重すぎたり耐え難い荷はなかった。
彼はクレタ人たちをキリストに従うことを勧める感謝されない下働きさえ喜んで行った。

パウロは彼の助け手たちにこの世で報いを提供することができなかった。
彼にはお金がなかった。
名誉ある地位を与えることはできなかった。
快適さと安楽とを提供することはできなかった。
いのちそのものさえ彼は約束できなかった。
争い好きで批判がちなうぬぼれの強い人は自分のためにそのような条件で働く人々を獲得で
きない。
これらのひとびとは恐らくパウロへの愛に陥ったに違いない。
彼らの行動に他の説明はつかない。

私たちはたとえどんなに困難なことであっても、愛する人々のためには何でもする備えがある。
イエスの弟子たちは、彼に対する大きな愛の故に、不幸なことが彼らに待ち受けていることに
よってひるむことはなかった。
パウロの弟子たちは、パウロを非常に愛したので、獄舎も死も彼と共にする備えがあった.
プリスカとアクラはパウロのために彼らの首の危険を冒しただ一人なのではない。
ガラテヤ人たちは彼らの目をえぐり取ってパウロに与えたいと思った唯一の人々ではかった。
ピリピ人たちは彼の全苦難と労苦との中にあって愛する思いをもって彼に従ったただひとりな
のではない。

口やかましく横暴な専制君主はそのような献身を呼び覚ますことはできない。
現今の彼を批判する人々は、偏見を持った学者たち、つむじまがりの理論家たちであって、人
の心理に無知であり、彼らが非難する事実を歪曲している。
新約聖書はパウロと親しくなるよい機会を得た人々に対して、彼は格別な魅力をもった人物で
あったことを、見ることのできる目を持っている全ての人々に明らかにしている。

つまり本当は、彼を嫌った人々は彼を知らなかったのである。

もし彼が私たちの愛に値するなら、私たちが彼を愛することは重要なことである。
もし私たちが彼を愛さないなら、私たちは損をした人々である。
私たちが彼を愛することができないうちは、彼は私たちに何ができるというのか。
私たちが愛した人々のみが真に私たちの生活の中に入ってくる。
私たちが愛する人々によってのみ私たちは神を愛するものに変えられ得る。
パウロは神を愛した。なぜなら彼はイエスとの愛に陥ったからであった。
多くの人々がイエスを愛するようになった。その理由は彼らがパウロを愛したからであった。
パウロを得たのはイエスの理念ではなくイエス自身でった。テモテとテトスとシラス以下全ての
人々を得たのはパウロの理念ではなくパウロ自身であった。
私たちが働きをなす上で、また人生を生きる上で、私たちを助けることができるのは、パウロ
の教理ではなくパウロ自身である。

彼が愛されたという事実は彼が魅力的であった証拠である。
もし彼が魅力的でなかったなら、愛されることはなかったであろう。
彼は単純に彼自身の存在によって人々が彼を愛するに至らせた。

かつて彼を知った時、彼らは彼を愛する助けができなかった
彼はその時も今と同様に魅力があった。
彼はこころに愛を求める数多くの姿を持っていた。
彼は彼の率直さによって勝ちを得た。
彼は引っ込み思案でもよそよそしくもなかった。
彼は蔵腹無く話した。
彼は子供の天真爛漫さを有していた。
彼は心に浮かんだことはなんでもうっかり話してしまう。
彼は自分の内なる生活のことを全部話してしまうことを恥じなかった。
私たちは彼がそのように人間的であるので彼が好きなのである。
彼は驚くほど私たち自身に似ている。
彼は衝動的である。
彼はしばしば自分が意味していること以上に言ってしまう。
彼の感情は彼とともに突っ走る。
彼はせっかちな気性とすぐ話すことによって問題に遭遇した。
彼は謝罪し、後悔し、はじめからやり直した。
私たちはパウロの気概と勇気の故に、彼を好きになることを避けられない。
彼はいつも反対する周囲と戦っていたが、決して打ち負かされることはなかった。
彼は恐らく失望したかもしれないが、退却することはなかった。
彼は落胆したかも知れないが、倒されることはない。
彼は不正な扱いを受けたかも知れないが、意地悪くなることは無かった。
彼は打ち倒されたかも知れないが、決して降伏することはなかった。
彼はいつも立ち上がり急ぐ備えがあった。
私たちは彼が皮肉を言うことができることで彼に親近感を感じる。そして、もしやりすぎたら、非
難の話をしたすべての人々をカバーすることができた。 
パウロは私たちの兄弟だという感じを私たちのうちに創り出すに十分なことがある。
はよかったが、人情の毎日の食物とするのによすぎるということはない。
私たちは彼が愚かになれることの故に彼を好むのである。
そのため彼を私たちと同じ階級に属するように見えるのである。
私たちは彼が言ったそのトーンを楽しむ・・・「私はもっとも偉大な使徒たちに少しも劣りませ
ん。」
パウロは自分が誰とでも同じくらいよいと感じたことが何度もあり、それをそのまま口にするこ
とをためらわなかった。
私たちは私たち自身に同じ感覚をもつ。そして私たちはパウロがそのように完全に人間である
ことの故に一層彼が好きになる。
 私たちは彼の的をかわす怜悧さのために彼が好きである。
私たちは彼が逃亡するのを見て嬉しくなる。
私たちはバスケットに乗ってダマスコから逃れる彼を見るとき笑いたくなる。
信仰の英雄がバスケットに乗って秘かに町から出て行くことは不合理に見える。
テサロニケの町から闇に紛れてこっそり抜け出す彼を見るとき、私たちは彼が聖人であること
を忘れ、彼は現代の小説に登場する人物のように見える。
神学者が群衆から機敏に逃げていく様は見ていて面白い。
トリックによってベレアから彼が逃れたとき私たちは喜ばされた。
彼は東に行くように見せかけて、突如南に出発した。そして彼らの手を逃れるたとき、彼の敵
たちは彼らが完全に出し抜かれたことを発見した。

後の日に、彼を殺そうとする刺客のギャングたちの全ての計画から逃れた。
彼らは彼を船の上で殺そうとした。しかし彼は船を使わず陸を進んだ。そして彼らが血の仕事
の準備を整えたとき、彼らの犠牲は遥か遠くにいることを見出した。
パウロは自分の冒険を楽しんだにちがいない。

霊感を受けた使徒がくすくす笑ってはならないのだろうか?
彼の苦難は私たちに彼を慕わせる。
オセロが彼の困難であった物語を、「悲惨な機会があり、水の上と野原で思わぬ出来事に動
かされ、間一髪逃れ、苦悩が若さを打ち砕いた。」と話したとき、デズデモーナは彼の不運を傷
み、ついに彼との愛に陥った。(訳者註:シェークスピアの戯曲「オセロ」の一節を解説)

私たちすべての中にデズデモーナがいる。そして私たちはパウロが彼の冒険と難儀を語るの
を、私たちの心の中心に入れることなしに、聞くことが出来ない。
パウロの魂が最も麗しく輝くのは、彼の苦難においてである。
最も熱い炉のにあるとき、彼は神の子に最も似て見える。
人々が最悪をなしているとき、彼は最善にあるのである。
人が最も激しく嫌うとき、彼の愛は最も顕著に神聖である。
パウロが障害を乗り越えることができ、困難に打ち勝ち、自分の気分を制御し、苦痛を忍び、
悩みに耐え、勝利にいたることの故に私たちは彼を愛する。
 彼は全ての徳を有し、またすべての恩寵を所有していた。
私たちがその広さと麗しさに驚かされるのは彼の天性の優しい面である。
彼は真に兵士であった。しかし彼の経験が彼を粗雑な人間することはなかった。なぜなら彼の
戦いの武器は肉に属するものではなかったからである。

彼は闘士であったが、彼の戦いが彼を荒っぽくすることはなかった。
彼は礼節の領域に最善であった。
彼は思いやりの典型であった。
優しさと情け深さ、考え深さと寛大さ、気品と忠誠、彼はキリストの学校において訓練され飾ら
れた紳士であった。
彼の内にはつまらないものとか卑しいもの、陰で立ち回るとか下品なもの、出し惜しみするとか
意地悪さは無かった。
彼の衝動は高貴であり、彼の目的は高かった。
主人の如く彼は善い業を行った。
他の人々を助けることが彼の望みであった。
彼は自分のために何の名声も得ようとしなかった。
彼は僕の姿をとった。
彼は死に至るまで従順であった。
そして神はそのように彼を高くし、彼に永遠の星のように輝く名を与えた。

パウロはいつも最大の愛される人であった。
彼の冠たる賜物は彼の愛の能力であった。
彼のもっとも高い喜びは愛することによって引き出された。
エマーソンは人類は自分を愛す人を愛すといった。
では私たちはパウロは愛する助けをするだろうか?
彼は愛したし、愛されることを望んだ。
それだけでは彼を理解するうえで十分ではない。
彼は愛されることを熱望した。
彼は、尊敬を受けたり、賞賛されたり、崇敬されたりすることでは満足しなかった。
彼はただ愛されることによってのみ満足した。
彼が喜んだもののすべては愛であった。
このように遠く、キリスト者の大部分によって理解されると彼は考えたのであった。
彼を理解することは彼に最も関心を与えられた人々の願いである。
人々は彼を理解する力を誇る。

しかし彼を理解することに不十分である。
彼は愛の人である。
彼がそのように少ししか愛されなかったことは歴史上の悲劇のひとつである。
彼の墓は壁のないパウロの墓に下にあり、ある者が本当にこういった。今日その人は「壁の外
に」留まっている、と。

教会はいまだに彼を内に入れない。
個人のキリスト者はパウロが彼の心の外に留まることを許容している。
しかし主のように、彼は戸の外に立ち、ノックする。
パウロがコリント人たちに述べたことは、彼が私たちに言っているのである・・・「私はあなた方
の所有物でなく、あなたがた自身を求めている。
私はあなたがたの魂のための費用を喜んで費やそう。」
コリント人たちに彼が指摘した問題を、彼は私たちに対して指摘している・・・「もし私があなた
がたをもっと豊かに愛したら、私の愛が足らないのだろうか?」
彼のコリント人たちへのアピールは、すべての世代に通じる・・・「私の心はあなたがたに対して
広く開いている・・・あなたがたのこころを私に対して開いてください!」というアピールである。






戻る
戻る