chapter21

              第21章 パウロの信頼

 彼の信頼深さという語によって、私が意味していることは彼の信仰である。
「信仰」という語は神学者たちによって台無しにされてきた。
彼らはそれに関してあまりにも多く議論したので、それが何であるのか分かる者がいなくなっ
た。 
彼らはあまりにもしばしば定義をしたので、人々の心は望み無いまでに混乱させられた。
彼らは非常に徹底した分析をしたので、その過程で元の意味が失われた。
あまりに多くの異なった種類の信仰が並べられたので、人はそれらを識別しようとする気がなく
なっている。
私たちの父たちは非常に厳粛に「救う」信仰を得よと力説されたので、彼らは低い種類の信仰
を持っているのではないかと恐れて絶えず苦しんだ。
彼らは彼らの目でつぶさに確かめ、詳細に分析し、分類できる信仰を得ようとした。しかしそれ
らが理解できないのでいらだった。

信仰は定義され得ない。
ある人はそれを精神的力あるいは能力、信頼、信条、委任、頼みとすること、神の火、熱心、
望むものを与えること、見ていないものに対するテストと呼ぶかも知れない。しかしそれらの定
義からは何も得られない。
イエスはもとより12使徒たちもそれを定義しようとしなかった。
新約聖書中でそれをしようと試みた記者は、ヘブル人への手紙を書いた記者だけである。ふ
たつ試みただけで彼はそれを放棄し、信仰がどういう働きをするかだけを示している。
 
信仰が何であるか私たちが知ることができるただ一つの方法は、それを持っている他の人々
に接するか、私たち自身のうちにそれが存在することである。
私たちはしばしばヘブル人への手紙に記されている信仰の勇者たちを見ることによって助けら
れる。

それは私たちがパウロの魂に働いた信仰がどのようなものであったかよりよく見出すための助
けになるであろう。
パウロは行いにあって信仰の権化であった。

私たちは特に彼の信仰を学ぶことを熱望する。なぜならパウロは「信仰の使徒」として世に知
られているからである。
彼はその道のもっとも著名な王者である。
信仰は彼の愛したことばであった。そして常に彼の脚と筆にあった。しかし不思議なことに、彼
は自分自身の信仰について私たちに語らない。
彼は決してそれに言及しなかった。
彼は自分の仕事、忍耐、無私、辛抱強さ、忠誠、献身について、彼の指導者たちに、記憶して
おくように求めたが、彼の信仰を覚えておくようにとは決して求めなかった。
「私たちは信仰によって歩む。」は彼が好んだことばのひとつであった。それゆえ、彼の信仰を
理解するために私たちは彼の歩みを観察することが必要である。
彼はイエスが歩まれたように歩んだ。
それこそが、彼の信仰が彼になすことができるようにさせたものであった。
 彼の好んだ勇者はヘブルの聖書にあるアブラハムであった。

アブラハムはヘブルの人々、そして事実全人類に関する歴史に新分野を拓いた。
彼はヘブル人の父であり、また神が意図されたとおりに生きることを願う他のすべての人々の
父であった。
アブラハムの生涯の秘訣は一言で語ることができる・・・「彼は神を信頼した。」
彼は神が現れなくとも神に信頼した。
彼は暗闇のなかでも信頼した。
「彼はどこに行くのかを知らずに出かけた。」(ヘブル11:8)
「彼は、不信仰によって神の約束を疑うようなことをせず、反対に、信仰がますます強くなっ
た。」(ローマ4:20)
そしてアブラハムの信仰の各段階は、すべての人々が歩むべきものである。
そのようにパウロはローマ人たちに書いた。
 アブラハムの信じた神をパウロも同様に信じた。

それがパウロの最も深い納得であった。
その信仰は彼の心に糸によって織りなされ、彼のこころのひだ(手触り)となった。
「すべて御子によって造られたのです。万物は、御子によって造られ、御子のために造られた
のです。」(コロサイ1:16)
「すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのもののうちにおられる、すべてのも
のの父なる神は一つです。」(エペソ4:6)
「私たちにはただひとりの神、父がおられ、この方からすべてのものとこの方につく私たちがで
たのである。」
アブラハムは神は義であると信じた。
パウロもそうであった。
パウロは地上のすべてのものの審判者は常に正しいと確信していた。
永遠者の善は岩であって、彼はその上に建てた。

この人間の経験の中でこれと明かに矛盾するものを彼は憤然と除外した。
「すべての人を偽り者としても、神は真実な方であるとすべきです。」(ローマ3:4)
 神はヘブル人たちにひとつの約束をした。その約束はイエスによって成就した。
イエスは救い主であった。
イエスのうちにすべての神性が宿っていた。
神はイエスのよって世をご自分と和解させた。

このことをパウロは確信した。
神はイエス・キリストの父である。
神はイエスのようである。
それ故神は私たちの愛する助け主であり友である。
 パウロはキリストの内にある神を確信したので、彼は勝利を確信した。
人は自分の罪から救われることができる。
彼は負ける戦いをすることはない。
彼は罪の意識から解放されることができる。
「こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません」(ロ
ーマ8:1)
彼は自分の経験によってそれを知っている。
 祈りによる勝利も同様に確かである。
古い恐れは彼の心から取り去られた。
人々はもはや奴隷としてではなく子として祈る。
彼らは神を「父」と呼ぶ。そして神の霊が彼らの心に彼らが本当に神の子どもたちである事実
を証明する。そしてもし彼らが子であるなら世継ぎなのである。彼らはキリストと友に世継ぎに
加えられている。そしてキリストが受け嗣いだものを彼らはキリストと共有するのである。
彼ら自身は祈ることを知らなくても、神の霊が彼らに必要が助けを与えられる。

パウロはこのことも彼自身の経験から知っている。
 神はキリストのうちにあるため、キリストのために労することは価値がある。
働き人は必要とするものは何であっても受けることができると確信している。

フェストとアグリッパにパウロはこう言っている。「神からの助けを得て、今日私は大いなる人に
も小さなひとにも証言するために立っています。」
神は神の業を行う全てのひとの助け主である。

「私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。」(1コリント3:6)
神は働きの大部分をなされる。
「それで、たいせつなのは、植える者でも水を注ぐ者でもありません。成長させてくださる神なの
です。」(1コリント3:7)
働きが無に帰す人はいない。
「それぞれ自分自身の働きに従って自分自身の報酬を受けるのです。」(1コリント3:8)
「勝利は私たちのもの。神に感謝せよ!
ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさ
い。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。(」1
コリント15:58)
 パウロは神のために働いていたから、彼は日々導かれることを確信していた。
ルカはパウロがヨーロッパに福音を宣べ伝えるに至った経緯を私たちに語っている。
それは一連の失望と計画の練り直しを通して起きた。
パウロとバルナバは第二次の大伝道旅行に一緒に行こうとした。しかしヨハネ・マルコを非難し
たことが全てを覆してしまった。それでパウロは新しい助け手と別な方向に行った。

彼はアジア地方で宣べ伝えようと決心していたが、彼がそこで働きを始めるとただちに「彼は
聖霊によってアジアで語ることを禁止された。」(使徒16:6)とルカは述べている。

どのような方法で聖霊が彼に禁じたのか私たちは知らない。
丁度その時その地方に悪い病気が流行ったと推測されている。そしてパウロは以前の経験に
沿って彼の考えを変えたと考える人がいる。
これは全く不自然ではない。
聖霊は流行病を通して語ったかも知れない。後日私たちはパウロが自分の人生において何度
も計画を変更していることを知らされている。
私たちの新約聖書は「そこからシリヤに向けて船出しようというときに、彼に対するユダヤ人の
陰謀があったため、彼はマケドニヤを経て帰ることにした。」(使徒20:3)と述べている。
昔の権威のある新約聖書にこう読める文章が記されている。
「彼はシリヤに向けて船出しようとしたが、聖霊がマケドニヤにとって返すようにと言われた。」
聖霊は外部の状態とか状況を通して、また内なる衝動と傾向性を通して彼に語られた。

アジヤはある理由であるいは丁度その時行くことができなかったので、パウロは顔をビテニヤ
に向けた。
彼がムシヤの向かい側に着き、ビテニヤに入って行こうとしたとき、イエスの御霊が「それを彼
に許さなかった」。(使徒16:7)
どのような手段でイエスの御霊が彼に知らされたか私たちにはわからない。しかし恐らくその
地方に近づく途上で、そこには大きい町が無いことを知り、パウロはその地方には彼の働き場
が無いと感じ、他に行こうと決断した。

彼はトロアスに行くことは期待していなかったが、彼も彼の旅の道同者も結局そこに着くことに
なった。
二つの扉はすでに閉ざされていた。しかしパウロはまごつかなかった。
彼は神に信頼した。
彼は神が彼になす事を望まれている仕事には道が開かれているに違いないと知っていた。
アブラハムのように、彼は召し出された。そして自分がどこに行くのか知らないで出かけた。
彼は見えるところによったのではなく信仰によって歩んだのであった。
彼はまだヨーロッパに行こうという考えは持っていなかった。しかしある夜トロアスであることが
起きた。
彼は夢を見たが、その夢の中で一人のマケドニア人が彼の前に立ち、「来て下さい。・・・こちら
に来て私たちを助けて下さい!」と言った。(使徒16:9)
朝になってパウロはシラスとテモテとルカに彼の見た夢を話し、彼らは全員神が語られたこの
夢に従う決意をした。
彼らは直ちにネアポリスへの道をとった。
こうしてイエスの宗教は一つの大陸から他の大陸へと運ばれた。
その道は暗く悩まされるものであったが、パウロはどんどん進んでいった。
信仰によって歩むことは多くの勇気を要する。
人は自分の計画が挫折し、戸が閉ざされると失望するものであるが、パウロはいかなる召しが
来ようとも、神の導きを信じ、直ちに従った。

彼の服従は彼の信仰の表れである。
 パウロが出会った迫害に打ち勝ったのも彼の信仰によるのであった。
迫害は愛の神の最終的なご計画ではあり得ない。

迫害は準備であり、学びの手段であり、導きであるに違いない。
今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに
足りないものと私は考えます。(ローマ8:18)
私たちの一瞬の軽い悩みは、もっともっと優れた永遠の重さのある栄光のために私たちに働く
のです。」

私たちは一日中殺されている、私たちは屠られる羊と見なされた。これら全ての中にあって私
たちを愛してくださる彼によって勝利してあまりがある。」(ローマ8:36−37)
これが信仰である。
 パウロが脅かしとギリシャ−ローマの世の嘲りに直面したのは信仰によった。
モーセのように彼は目に見えないお方を見て耐え忍んだ。
パウロの個人的な生涯について光を投じるものはここ100年間何も発見されていない。

図書館、修道院、墓、洞穴、砂の山を、人々は他の情報を求めて熱心に探した。しかし使徒の
行動やことばあるいは功績に関する私たちの知識を増すものは一切れも見つからなかった。


彼への手紙も彼からの手紙も見つからなかった。彼に対して光を投ずるいかなるギリシャ語と
かローマ語による記述も見つかっていない。 彼が行きたかったスペインへの旅に関す私たち
の興味を満足させるものは発見されていない。に

しかしパウロの生涯に関して私たちにもっと語ってくるれるものが存在しない一方で、パウロが
生きた世に関して多くの学びがなされた。
私たちはローマ皇帝について19世紀初頭の人々よりもよく知っている。
私たちはパウロが旅行した国々の社会や政治の条件に関するより多くの知識を持っている。

私たちは1世紀の宗教について、また彼らが人々の想像力と心とを把握したことをよりよく知っ
ている。
この新しいパウロに関する光はパウロ自身に新しい光を投じる。
彼が戦った力をよりよく知ることによって、私たちはその人の恐るべき力をより正確に見積もる
ことができる。
私たちが自分を彼が説教していた世界に置くとき、私たちは彼の信仰の強大さを悟り始める。

彼は常に大きな町の心臓部を直ちに一撃した。
彼は最も強く最高の世に挑戦することを求めていた。
彼はエペソを愛した。なぜならそこは大きく、富んでおり、力があったからである。
エペソで造られていたダイアナ(アルテミス=月の神)の大きな神殿は何物にも勝って彼を引き
寄せた。
ダイアナ礼拝はイエスが覆した宗教のうちのもっとも大きなものの一つであった。
その神殿は・・・七不思議のひとつ・・・されるほど世界的に有名であった。
それに対する礼拝儀式は荘厳でうやうやしい印象を与えた。
その影響は人々の生活の隅々にまで及んでいることを感じさせた。
世紀にまたがってその力は全市全地方を掌握し、打ち破りがたい勢力を保っていた。
この有名さと力ある神として荘厳な神殿のもとに、ユダヤ人の旅行者がやってきた。そして彼
はいつの日にかこの神殿の栄光と崇拝を空虚なものとして倒れさせ、ダイアナからその席を奪
う新しい概念を信じていた。

パウロは教会堂も、神殿も、寺院も、祭壇も、公的な祭司としての聖職者の職位も・・・人々が
礼拝に欠かせないと考えているもの・・・持っていなかった。
彼の僅かの礼典は二、三切れのパンとカップ一杯の葡萄酒であって、大きな神殿の精巧で豪
華な儀式に慣れていた人々の目には無価値で卑しむべきものに過ぎなかった。しかしパウロ
は単純で虚飾のないパンと葡萄酒の礼典がいつか充ち満ちた豪華な神殿の礼拝を駆逐する
ことを信ていた。なぜならパンと葡萄酒は神の人間に対する偉大な贈り物を意味していたから
であった。

パウロは哲学者たちとか学者たちの後ろ盾や、金持ちとか貴族の支援、伝統的な名声、昔か
らの宗教的な認可などいっさいを持っていなかった。けれども彼は十字架に架けられた犯人が
墓から出て天の王座に座したという信じ難い物語を信じ、いつの日か人間の理性の納得を
得、人の心の献身を勝ち取るであろうことを信じていた。

 エペソでなしたことを彼は同様にアテネでも行った。
その町は千年もつづいた信仰に支配されていた。
その信仰は伝統ある詩に記され、一般の人々の習慣と物事の考え方となっていた。しかしキリ
ストにある神の彼への啓示に関するパウロの信頼は非常に大きく、世界の知識の中心である
哲学学校で教えられる典型的な解説者たちに彼は新しい宗教を示した。それはユダヤで十字
架に架けられた人が全ての国民を審くする時が来ることを神が告げておられるということであ
った。
彼は議論しようとせず、単純に自分の信じていることを説明した。
彼は信じていたからそれを語った。

彼はローマでも同じ手段をとった。
彼はもはや自由の身ではなかったが、彼の鎖は彼の信仰を弱めなかった。
信仰は縛られることがない。
ローマは世界の女王であった。しかし彼は皇帝の町で語る事を恐れたり恥じたりしなかった。
ローマはイエスという名の卓越した主を持つべきであった。
ローマの紋章の上に最終的にイエスの十字架の影を投じた力を与えたのは信仰であった。

パウロが神に関して語ることは、なんであってもわくわくする程の確かさの感じがあった。
彼は疑わず、疑念を持たず、ためらいもしなかった。
多くの事柄に関して、彼は注意深く自分を表現している。
彼は自分の方法を感じ、時には自分の判断を信頼できない人のように行動した。
しかし、ひとたび神について語るとき、彼の信頼は完全であった。
彼は無条件で信じた。
神の愛を疑うことは、彼の心には決して入ってこなかった。
神の統治と導きが不確かなときにも彼のこころは決して翳らなかった。
彼の信仰には曇りがなかった。
その信仰の故に、彼は力の人であった。
難船した船の甲板で「私は神を信じている!」、彼は取り乱したり落胆したりした仲間にそう言
い、誰もがその心に新しい命の脈動を感じることばをもって鼓舞した。
信仰は魂から魂に伝えられるエネルギーの姿である。
信頼をしている人々の存在する中で、私たちもまた信仰深くなるのである。
 彼と一緒にいることによって最後はどうなるのであろうか?
信仰は晴れ渡った空の下で平らな道に沿って強くなるが、しばしば、道路がでこぼこになり、曇
り雷が鳴り渡ることによって弱くなる。

若者の元気旺盛な信仰も、太陽が西に傾くとしばしばゆらぐ。
最後までふるわれずに自分の信仰を保つことは容易ではない。
パウロは暗い世界に生きた。
ローマ皇帝の王座には、かつてローマの王権を行使した人物中最悪の男が座っていた。
宗教はその力を失ってしまったかに見えた。

大部分の人々は神無く世にあって望みもなく生きていた。
大都市の社会は退廃し、田舎では粗野で劣悪な生活がなされていた。
パウロの経験は人間性の悪い面を彼に思い知らしめた。
人々は恵みに代えて不興と残虐性をもって彼を遇した。
彼が自分の人生をささげた目的は遅々として前進しなかった。
イエスの宗教は上流階級の人々には無視され、大多数のひとびとから軽蔑された。
パウロが牢獄にいたのは最後の時だけではない。
彼は過去をふり返って、彼の脚が旅した難儀な道の上り下りを熟考した。

鎖につながれて座し、直面している死を見た。
繰り返し彼の思いはテモテに向かった。
ある日彼はテモテに手紙を書く決心をした。
テモテは彼の息子であった。
テモテに対して彼は他の誰よりも彼の心を注ぎだした。
こう彼は言っている。
「私は、この福音のために、宣教者、使徒、また教師として任命されたのです。そのために、私
はこのような苦しみにも会っています。しかし、私はそれを恥とは思っていません。というのは、
私は、自分の信じて来た方をよく知っており、また、その方は私のお任せしたものを、かの日
のために守ってくださることができると確信しているからです。」(2テモテ1:11−12)
彼はまだ自分の報いを確信している。
彼は彼自身に関する一部の文章を繰り返している。あるいは散らされたキリスト者の会衆に讃
美歌のスタンザ(節・・詩の形式)として歌われたかもしれない。

「もし私たちが、彼とともに死んだのなら、彼とともに生きるようになる。もし耐え忍んでいるな
ら、彼とともに治めるようになる。もし彼を否んだなら、彼もまた私たちを否まれる。私たちは真
実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。」(2テモ
テ2:11−13)

 何年も前に、彼はコリントの教会に書いた。
「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。
死よ。おまえのとげはどこにあるのか?
神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださ
いました。」(1コリント15:11−13)
それと同じ勝利の考え方はまだ彼の心に鳴り響きつづけている。
「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。
今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者であ
る主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれ
にでも授けてくださるのです。」(2テモテ4:7−8)
その手紙の最後のページの終わり近くに、彼はこの彼の信仰の究極の表現を記している。
「主は私を、すべての悪のわざから助け出し、天の御国に救い入れてくださいます。主に、御栄
えがとこしえにありますように。アーメン。」(2テモテ4:18)
 そしてその生涯の終わりに、イエスがバプテスマの日から死の日まで示し続けた静かなふる
われることのない神に対する信頼を、パウロも同様に持っていた。
新約聖書の記者はイエスを「信仰の完成者」と呼んでいる。(ヘブル12:2)
パウロの信仰を完成した方はイエスであった。
パウロは言うであろう。「私ではなく、私の内におられるキリストが、神に対する揺らぐことがな
い喜びの信頼を得させることができる。」

私たちはパウロが臨終のときに言ったことばを知らない。
しかしもし彼の首が体から切り離される直前に彼が語ったとしたら、私たちは彼のことばの中
にステパノの祈りの精神・・・「主よ。この罪を彼らに負わせないで下さい。」と、イエスの最後の
勝利のことば・・・「父よ。あなたの手に私の魂をお委ねします。」であると確信している。









戻る
戻る