chapter19

               第19章 パウロの感謝

新約聖書の中でパウロの手紙が引用されているのは、ペテロの手紙第二に見いだされるもの
ただそれだけである。そこペテロはこう述べている。「これらの手紙には難しく理解しにくい個所
があって、無学な人や心の定まらない人は、それを他の聖書と同様に曲解し、自分の滅びを
招いています。」(2ペテロ3:16)
しかし同様に容易に理解できるものもあり、いかに曲解しようとしても、(曲解することによって)
自分を破滅に陥れることができる人は誰もいない。
パウロの感謝は彼の手紙のいたるところに大きく記されている。
(その文字が大きいので)走っている人でも読めるかも知れない。
パウロの思想のいくつかは曖昧であるが、彼の品性に裏切られる人は誰もいない。
彼の理由づけは時としてあまりにも高く、彼の神秘さは普通の読者にとってあまりにも深いかも
知れない。しかし、彼の品性はすべての人に容易に理解できる範囲にある。
彼の教理のいくつかは信じがたいかも知れない。しかし、彼の徳に対して躓く人は誰もいない。
彼の手紙にはただ学者にのみにしか扱うことのできない句があるが、しかしすべての人々が
容易にとりいれることのできる他の段落がある。
彼の感謝に関して疑いを打ち上げることのできる人は誰もいない。

彼の文章のある部分は人々の感情を傷つけるかも知れないが、彼の品性を聞いて傷つく人は
誰もいない。
彼の教義に関わる記述に関してはほとんどすべてに異論があり、混乱した解釈がなされてい
るが、彼の感謝の能力についたてはただひとつの見解があるのみである。
果てしない論争が彼の教理から生じてきた。しかし彼の感謝をする習慣的な行為に関しては何
の議論もされない。

彼の語ったことの多くは、ただそれぞれの場に適用されるだけのものなのである。
それはそのことが語られた世に対してのみ意図されていた。しかし彼の徳は普遍的に認めら
れ、すべての人類の貴重な財産なのである。

彼の教えのいくつかは一時的な重要性を持っていた。
時が経ってそれは古風で不要なものとなった。
しかしその人は永遠なのである。
彼の感謝の麗しさは永遠であり、記録される最後の時に至るまで、人々は感謝の心の音楽を
彼から聴くことであろう。

彼の感謝を含む文章は未だかつて非難されたことがない。
教理的な小節のすべては疑いと否定をひき起こしてきた。
もしもある学者が神学的な理念に同意しなかったら、彼はそれが含まれている文章の権威に
対する攻撃をすることはほぼ確実である。
彼は、それを挿入句とか、編集者の巧妙な仕業であるとか、全文章がパウロよりずっと後の時
代に生きた人の創作であるとみなす。

しかし、パウロの感謝に関する文章の権威に疑問をとなえる人は誰もいない。
従っていずれにしても、私たちは確固たる基礎の上にいることになる。

パウロの理念は破壊されたが、パウロその人は生き続けている。
人々は彼の終末論を疑うが、彼の感謝の心は疑わない。
彼らはキリスト論を拒絶するが、彼の感謝を返す習慣を賞賛する。
彼の感謝の物語は私たちから取り去られることはない。

彼の権威は頻繁に否定された。
彼がアダムの教理を述べたとき、あるいは人の罪を描いたとき、あるいは結婚に関するアドバ
イスをしたとき、ひとびとは言う・・・「あなたは何の権威があってこれらすべてを述べるのか?」
と。しかし彼の徳の権威に疑義を唱える人はいない。
彼の徳がひとえに私たちに反論の余地を与えないのである。
それらの徳は天が創造したものであると私たちの心のうちに証しする何かがある。

彼は自分の忍耐深さによって私たちに言う。「忍耐深くありなさい。」彼は自分の勇敢さによっ
て言う。「勇敢でありなさい。」彼の感謝の心によって言う。「感謝しなさい。」そして私たちは神
ご自身がそれを語っていると感じる。
善い人々の徳を通して、私たちがどのような人でなければならないかを、神は私たちに語られ
る。

パウロの感謝のなかに私たちは彼に品性の最もうるわしい点を見いだす。
感謝はすばらしい自然のみごとな花である。

それはあまりにも美しいので人はそれを徳と呼ぶことをためらう。それは恩寵のひとつに属す
るように思われるからである。
それを持っていない強い品性がある。

世の中は感謝しない人々で満ちている。そして感謝しない人は決して幸福でない。
感謝すべきものが何もないといって感謝の気持ちがないことを当然とする多くの人々がいる。

彼らが強く欲しがった何かが彼らに与えられなかった。
それが彼らの人生におけるすべての恩恵に対し、感謝する責任を免れさせる。
パウロは神に繰り返しなした願い事を退けられたが、その拒絶が彼の姿勢を変えることはなか
った。

彼は正しく感謝の道を進んだ。
他の人々は世が彼らを冷酷に扱うと感謝しなくなる。
多くの人々が感謝に無関心であって、ある者たちは無慈悲であり、彼らの心は皮肉で頑固に
なったままである。
パウロは「ののしられ、責められ、誹謗され、この世から拒絶され、すべてのものの滓と見なさ
れた。」(1コリント4:12)しかし彼は「神に感謝しなさい。」と言い続けた。
人の心を満足と幸福にするすべてのものを取り去られて生きる時に感謝に溢れていることは
容易ではない。
パウロは自分の生涯についてこのように記述している。
「今に至るまで、私たちは飢え、渇き、着る物もなく、虐待され、落ち着く先もありません。また、
私たちは苦労して自分の手で働いています。」(1コリント4:11−12)
しかし彼の心は常に感謝のことばで溢れ続けた。

最もわずかのものしか受けず、最も重い荷を担わされた人々が、しばしば人生の最も値い高
い富として神にその善を感謝することは、この世の奇跡のひとつである。 
感謝の情を全く持っていないのではないが、その感情が非常に弱く、感謝が口に登ることはめ
ったにない人々がいる。
神の恵みの真ん中にいながら彼らはおしのままである。
感謝を口にするのは容易でしばしば空言であり、心の中でのみ感謝することが、神とか人から
期待されているのであるという考えから、彼らは「ありがとう」と言うことから自分を免除する。
しかし心に満ちたものは口に登るのである。
心が感謝に溢れているときは、舌は黙っていることができない。
魂にあふれるものに満ちたとき、その溢れるものがことばになる。
いつも貧弱で弱った感謝のみが沈黙に避けどころを求める。
パウロはどこにおいてもいつでも感謝した。

感謝を表現する能力で、パウロは「私の魂よ、主をほめたたえよ。そのすべての恵みを忘れる
な。」(詩篇103:2)と記した詩篇の記者の兄弟である。
パウロの内にある感謝の魂は、常に人々の目と耳に記された。

それは隠しておくことのできないものである。
ルカは初期の教会の歴史を、パウロの僅かな出来事にも感謝を返す姿に、所を得させずに描
くことができなかった。

ルカは彼の友の内なる生活を扱うことはしなかった。
彼が書いた目的はひとえにパウロの外面的歴史である。
彼の書は「使徒の働き」であって、彼が書き留めたのは国から国へのパウロの旅である。

パウロの感謝が表された劇的で忘れがたい3つの公の機会があって、ルカはそれを見過ごす
ことができなかった。
彼はパウロとシラスがピリピの牢獄の最も奥の部屋にいたとき、彼らの足は足かせに固定さ
れていたにもかかわらず、真夜中にこの二人の囚人たちは神を称える讃美歌を歌い始めた。
彼らは自由を奪われ、その背中はローマ人のむち打ちによって血が流れていた。彼らは非常
な苦痛の中にあった。しかし神の善を忘れなかった。そして彼らは感謝の情にあふれたのでそ
れが讃美となって注ぎ出された。
ルカは、囚人たちがみなそれを聞いていたと私たちに語る。
1900年を通じて、世の多くの囚人たち・・・罪の枷に堅く縛られ、この世の奥深い部屋に閉じ
こめられた男女は・・・その夜の讃美の不思議に惹かれて、それを聞くのをやめなかった。

パウロの神学はしばしば耳を閉ざされるが、その夜のパウロの讃美は、神学に無関心な人々
の魂に入る入口を見いだす。

こうしてパウロは人類の心に彼の涙と共に彼の讃美をもって語るのである。

ルカは私たちに、同様に劇的なもう一つの情景を語る。
パウロは見知らぬ海岸にある難破船の甲板に立っている。
まだ太陽の光もなく、濡れた乗客たちは望みと恐れの入り交じる暗闇の中に一緒にいた。
14日の間嵐に翻弄されて、みな食欲もなくなっていた。
飢え弱って、彼らは朝早く寒さに震えている。
パウロは意気消沈し、パニックに陥っている彼の周囲の仲間たちを呼び集め、元気なことばで
語り、彼らに食物を食べるようにうながした。
その時点で彼がなしたことは、ルカの記憶から色褪せることは決してなかった。
パウロはパンを裂く前にみなのいる前で神に感謝した。そしてその祈りがすんでから彼はパン
を裂き食べ始めた。
彼の例にならって、他の275人の、疲れ、元気を失っていた人々も元気を回復し同様に食べ
た。

彼の周囲にはみじめな人々がいるのみで他に何もなく、そして先は見通しのない危険が彼を
待ち受けている陰気な日の冷たい朝方に、パウロの心はなお神をほめたたえる讃美を歌っ
た。

彼はパン切れを口にする前に、まず神に感謝せずにはいられなかった。

ルカはローマのキリスト者である、パウロに会いにきた小さい仲間のことに、パウロがいかに
深く動かされたかを決して忘れることができなかった。
ある人々はトレス・タベルネと呼ばれる場所まで30マイルを、また幾人かは更に10マイル遠
いアピオ・ポロまで、このようなすばらしい手紙を書いた使徒に会いに歩いてきた。

パウロの目が彼らの上に注がれた時、彼らはパウロを知らなかったが非常に温かく親切であ
った。彼の心は喜びに踊り、感謝の情は彼の唇からほとばしり出た。見いだした表現のことば
をルカは記録しなかった。しかしそれはルカの心に消し去ることのできない印象を残した。
「彼は神に感謝した。」
ローマのキリスト者たちがそのように遠くから彼を歓迎するために歩いてきた光景は、彼の寂
しい困難な心を新にさせ、ルカの簡潔なことばで「彼は勇気を得た」と記されている。
彼らの友情の眼差しのほがらかな顔はパウロの不安を一掃した。
その時彼は、世界の主都にいる人々の心が彼に対して開かれていることを知った。
「彼は神に感謝した。」

しかしパウロの心がもっとも十分に明らかにされているのは彼の手紙の中においてである。
ここにおいて、私たちは彼の内の喜びの気分が習慣的なものであったことが分かる。
パウロの全生涯は感謝に浸されていた。

神をほめたたえる流れは絶えず彼を通して流れ出ていた。そして燃え上がる感嘆と白熱した
唱栄が正しく彼の論述の真ん中に高揚されている。

「私たちに勝利を与える神に感謝しなさい!」(1コリント15:57)
「キリストにあって常に凱歌を上げることの故に神に感謝しなさい。」(1コリント15:57)
「私があなたがたのことを思うのと同じ熱心を、テトスの心にも与えてくださった神に感謝しま
す。」(2コリント8:16)
「ことばに表せないほどの賜物のゆえに、神に感謝します。」(2コリント9:15)
その手紙は非常に親密、かつ自然で、馴れたことばであり、どんな感情も彼のうちに強く、見え
る形に噴出した。
彼は彼の理念が彼の感情の前に立ちはだかるのを許さなかった。
彼の知性は、彼の心を抑圧したり脇に押しのけたりすることを許されなかった。
彼は神がキリストにあって彼をどのように赦されたかを考えるとき、ただちに唱栄が沸き起こっ
てくる・・・「今、永遠の王、不死、霊である、唯一人の神に、誉れと栄光とが永遠にありますよう
に。」
彼の歴史の概観の結論として、彼の目の前に展開される神の目的と手段によって、彼は突然
とまり、讃美の歌が破れ出る。

「ああ。神の知恵と知識の富はなんと深いことであろうか! 
すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。
この神に、栄光がとこしえにありますように。」(ローマ11:36)

彼の手紙は、ほとんどすべて感謝が突如現れることで始まっている。
彼は常に感謝するものがあった。
もしただちに明白なものがないなら、彼はそれを捜した。
彼がコリント人への手紙第二を書いたとき、彼は彼らの霊的な進歩を感謝した。そして彼らが
彼のために悩んだことを神に感謝した。

苦難に従って、彼は他の人々を慰めることができた。
彼の苦難は非常に大きかったので、彼の受ける慰めは非常にすばらしいものであった。彼は
彼自身が神によって慰められた慰めによっていかなる悩みにある人々をも慰めることが十分
できた。

彼は友人たちのゆえに神に絶えず感謝した。
彼は彼らに与えられた恵みのために、彼らの霊的知識と力の成長のために、彼らの信仰と愛
のために、彼らが彼を覚えていることのために、彼が祈りの内に彼らを覚えて喜ぶ特権の故に
感謝した。

しかし神に感謝する原因の第一のものは、イエス・キリストのうちに神の思いと心とが啓示され
ていること、そしてイエスを通して人に罪の赦しが与えられることである。
彼の感謝のすべてはひとつの感嘆符に集約される・・・「いいあらわすことのできない賜物を与
えられた神に感謝しなさい。」(2コリント9:15)

パウロは人々にも感謝した。
彼は受けた親切を決して忘れなかった。彼を助けた人の姿を決して見失わなかった。
ピリピに二人の婦人がいたが、彼らは殊に勇敢で、自己犠牲をもって彼の仕事の前進に尽くし
た。

ローマで彼らと彼らがなしたことのために感謝し、ピリピの教会宛の手紙の中に彼らの名を記
した。そして彼の友人の一人に彼らを援助してくれるように頼んだ。
彼が「同労者」という語を書くとき、それは彼の感謝の香がそれに伴っている。

彼が遠く離れた町の様々な回心者たちに挨拶を送るとき、彼はしばしば付け加えた・・・「彼は
私を助けてくれました。」「彼女は私たちのために労してくれました。」
彼の祈りは彼が神に感謝を捧げる人々の名前で満ちている。

ピリピにある教会は特に彼に親切であった。
一度ならず麗しい方法で彼に贈り物をした。
彼のすべての手紙の中で、この教会への手紙ほど気持ちよく愛にあふれているものはない。
それは感謝の芳香で満ちている。
その書き始めはこうである。
「私はあなたがた皆が私を覚えていてくれたことのの故に感謝しています。あなたがたすべて
に対する私のすべての祈りの中で、私は常にその一番はじめからこの瞬間に至るまであなた
方が福音のために働いてくれたことを喜びを持って祈っています。
この方法であなたがた全てのために感謝することは私とって自然なこです。私が囚人であるの
と同様に、私が福音を守り擁護したように、私は心の内にいかにあなたがたすべてと神の恵み
を分かちあいたいのです。
神は、私がキリスト・イエスご自身の愛をもってあなたがたすべてを恋い慕っていることの私の
証人です。」(ピリピ1:3−8)
ちょうど着いた彼らの最後の贈り物に対する彼の応答はもっとも魅力的である。
彼の感謝はまれな麗しい文章のなかに溢れている。

彼は彼らの贈り物を芳香をはなつ香油と呼び、神の喜ばれる犠牲の一種であるとした。
彼らの親切を黙想することによって彼の感情は湧き上がり、唱栄をもって書き終えている・・・
「私たちの父なる神に永遠に栄光があるように。アーメン。」(ピリピ4:20)

パウロに注目したオネシポロと呼ばれる人がいた。彼はテモテへの手紙第二の中に不朽の名
をとどめた。
その手紙が書かれたとき、彼自身は死んでいたが、彼の妻と子どもたちは生きていた。そして
パウロはかれらすべてのために神に祝福の祈りをした。

彼は、オネシポロがローマに会いに来ることによって彼の魂を元気づけた時のことを、様々な
時に思い返した。
彼はパウロを探し出すために困難な時を経たが、パウロのいるところを発見するまで探すこと
を諦めなかった。
パウロはローマ政府の囚人であったが、彼は恥じることなく彼に会いに来た。彼がやってきた
ときはいつも、パウロの心は新鮮にされた。

オネシポロは他の世界にいるがパウロの思いは彼についていった。そして彼がどのように感じ
ているか表現できないため、彼は彼と彼の全家族について神に祈った。

その手紙を書き始めてすぐに、パウロは彼の鎖のために彼を棄てた人々について言及し、そ
れが忠実なオネシポロの親愛な顔を思い起こさせた。彼は彼の鎖にもかかわらず友人としてと
どまり、ローマで彼を支援した。かれは以前エペソでもそうしたのであった。

その手紙の最後のページに、パウロは彼に最も敵対したアレキサンデル他の人々について考
えている。
彼の第一伝道旅行の際に、彼の妨害し、そのため彼の支援者がいなかったと彼は語ってい
る。

みな彼を見限った。
しかし忠実で真実な心の人が地上にまだいた。彼らの大部分に彼は彼の愛のこもった挨拶を
送ろうとした。

彼は最後の祝祷を書く前に、こう書いている。

「プリスカとアクラとオネシポロの家族に挨拶を送ります。
彼らが自分の家に私を迎えてくれた男女に挨拶を送ります。彼らのかたわらで私はしばしば自
分のパンを稼ぎ出すために働きました。私のためにいのちの危険を冒してくれたひとびとに、
そしておなじくエペソで私がけものと戦った時私のそばに立ってくれた人、私から去るのではな
く私の友であって、私のかたわらでその生涯を終えた人の妻と子どもたちに挨拶を送ります。」
(2テモテ4:19−22)

パウロの手紙の最後の文節に、私たちは決して色あせることのない感謝の豊かな記念を得て
いることにその記録の価値がある。

 パウロの感謝のことばは、それが彼自身の品性の光の下で読まれるとき明かな栄光に輝く。

ピリピ人たちに彼はいう・・・「あなたがたの願いを感謝をもって、祈りのうちに神に求めなさ
い。」(ピリピ4:6)
彼はエペソ人たちにこう書いている・・・「私たちの主イエス・キリストの名によっていつもすべて
のことに父なる神に感謝しなさい。」(エペソ5:20)
コロサイ人たちに彼はいう・・・「あなた方が語ることあるいは行うことが何であっても、すべての
ことを主イエスによってなしなさい。父なる神の名に感謝しなさい。」(コロサイ3:17)
彼のすべての説教のなかでもっとも暗示に富むものの一つは、コロサイ人たちの手紙の終わ
り近くにある。
「感謝の祈りを熱心に保ちなさい。」(コロサイ4:2)
感謝の精神はすべての精神の中のもっとも力強いもののひとつである。
それは人に勇敢さと忍耐深さとを保たせる。
それは働きを容易にし、また祈りもそうである。




戻る
戻る