chapter13

                 第13章 パウロの勇気

  普通のキリスト者が、パウロの品性の生き生きとした特色は何かと尋ねられたとき、その人
の答えは10中9まで「勇気」である。
これはすべての世代の答えである。

パウロは新約聖書の他のすべての英雄に抜きんでていると普遍的に認められている。
芸術では常に、彼が剣を携えている絵が好まれている。
しばしば彼は剣の上に休んでいる。しばしば剣を持っている。しばしば二本の剣を。
剣は彼の人生の象徴であり、彼の経歴の紋章である。
彼は教会の戦士として油注がれている。
幾世紀を通じ、彼は十字軍と改革者を鼓吹した。そして正義のために力ある戦いを戦った。

紛争のまっただ中にいるとき、人々は魂を戦慄させる彼の勧めを天からの声のように聞く。
「神のすべての武具を身につけなさい。」

パウロの勇気の姿は、彼の山道での山賊に出会った経験に、ルステラとエペソとエルサレム
の群衆に直面したときに、ローマへ行く途上で難船したときの彼の行動に、いつも見いだされ
る。
しかし、これらの状況下における彼の勇気は特別なものではない。

盗賊のまっただ中に置かれたときの勇敢な行為は珍しくはない。多くのひとびとがひるむことな
く群衆に対面している。
沈み行く船の甲板上での勇気には、いろいろな物語にある。
肉体的な危険のまっただ中でパウロが示したのと同様の勇気を示した数千の人々がいる。

世界大戦の経験によって、パウロのスリリングな英雄的行為を偉大なものと思う私たちの印象
が薄れた。
世の中のすべての争いの野蛮で恐ろしい経験をし、人類の歴史にある肉体的な勇敢さを表し
た武勲を毎日でも読むことができる世代には、1900年前のいくつかの肉体的な危険に遭遇
した説教者の英雄的行為によって畏敬の念に打たれることを期待することはできない。

戦争は肉体的な勇気がすべての徳のなかでもっとも多く存在するということを証明した。
私たちは他のいかなる優れたものに勝ってそのような勇気の多くの実例を知っている。
どの町にもテルモピレーで死んだ人々の血気を持った青年たちや、シーザーの第10軍団の
兵士たちのような素質を持った青年たちがいる。
パウロの肉体的な勇気の記録は、不滅の賞賛のうちに所を得させるには十分ではない。

私たちは彼の勇気を他のもうひとつの分野に探求してみよう。
パウロの並はずれた勇気は知的分野にある。
彼の知的勇気を越えたものは誰もいない。
世から賞賛を勝ち取り保った彼の勇気は、肉体的なものにではなく道徳的なものにあった。

私たちは彼の最も優れた点を、彼が強盗や宗教上の偏狭者たちと取り組まなければならなか
ったときや、日夜海の深みの上に浮いていたときに見いだすのではなく、彼のもっとも価値あ
る二人の友を叱責したときに見るのである。
友の傷ついたまなざしに比べたなら群衆の怒りなどいかほどのことがあろうか?
彼を愛する人々に苦痛をもたらす道を進み行くことによって、良心によって魂のうちに起きてく
る猛烈な嵐と比較するとき、海の嵐はいかほどのことがあろうか?
パウロは彼のキリスト者人生の正に始めの頃に、キリストの神はユダヤ人と異邦人の間の隔
ての壁を打ち砕いたのをはっきり見た。そして異邦人が信仰の家にユダヤ人と同等に立って
いるのを見た。

その偉大な真理は彼にとって取り消すことのできない彼に委ねられた事項であった。彼の行く
ところどこにおいても、彼は情熱的な喜びをもってそれを宣言した。
全教会がそれを委ねられた。
ペテロは使徒の筆頭であったがそれを認めそれに従って行動した。
彼が割礼を受けていないローマ人と一緒に座り食事をしたのは、彼は彼らが神の霊をその心
に得たことを認めたからである。
バルナバもそれを委ねられた。
彼はアンテオケにおける急進的な働きの後ろ盾であった。そこには大勢のギリシャ人たちがユ
ダヤ教の律法なしに加わっていた。

しかし大きな動きのすべてに、嵐の渦巻きと後ろのつむじ風があった。
ペテロとバルナバも彼らが得た地位を保とうとする日が来た。

保守主義者は彼らの良心が傷つけられたと不満であった。それでもはや無割礼の人々とは決
して仲間にならないと決意した。
この感情は非常に強く、ペテロもあえてそれに抗うことができなかった。
ことを荒立てないために、ペテロはもっとも強硬と見なされる集団と一緒になった。そしてユダ
ヤ教の律法に従うと禁じられている異邦人と同じ食卓について食べることを拒んだ。
彼の影響力の強さから、寛大なバルナバも彼の例に倣った。
パウロが新しい宗教の栄光であるとした偉大な真理が、二人の著名な解説者によってこのよう
に放棄された。
宗教歴史に危機の時が到来した。

キリスト教の船は岩に向けて進んでいた。
痛みを伴う義務が成し遂げられなければならなかった。パウロこそがそれをなした人物であっ
た。
彼は教会の権威であり柱でありイエスによって岩という名を与えられた人物であると認められ
ているペテロに対抗して立たざるを得なかった。

そして今、パウロは立ち上がり、このぐらつく岩を非難しなければならなかった。
更にその上パウロはペテロから受けた恩義があった。
ペテロは彼にエルサレムにおける2週間の間自分の家でもてなした。
ペテロはイエスの地上生涯のすべてのできごとを彼に語った。
ペテロは彼の友であった。
ペテロは彼に仲間として右の手を差し出した。

パウロにとってペテロの友であり続けることは価値あることであった。
しかし今パウロは彼を譴責しなければならなかった。
彼はペテロの背後からそれをなすことはできなかった。
彼はペテロに面と向かってそれをしなければならなかった。
彼はそれを密かにすることはできなかった。

ペテロがことを行なったのは公の場においてであったから、譴責が効果を現すには同じように
公になされなければならなかった。
パウロは優しい心の持ち主であり、感受性に富む人のひとりであった。
彼は痛みを与えることにひるんだ。
彼はペテロの感情を傷つけることを思ってたじろいだ。
しかし宗教の影響力のある指導者がその根本を誤ったときには、誰かが彼を正さなければな
らなかった。
よい人物が一時的な弱さのために高貴な動機が危機にさらされているとき、誰かが救済のた
めに働かなければならない。
そこでパウロはペテロの真ん前に立った−−−それは強盗や敵に面と向かうよりももっと恐ろ
しい困難なことである−−−そして彼に反対した。キリスト者全部がいる前で、ペテロはキリス
ト者のひとりとして相応しくない振る舞いをしていると率直に告げた。
これがパウロにとってどんなにあたい高くついたか、記録は何も語らない。
パウロは何も解説しなかったので、ルカはそのエピソードが分かって大変悩んだ。
恐らくパウロはそれを涙のうちに語ったことであろう。
 しかしこのペテロへの叱責はパウロの悩みのほんの一部に過ぎなかった。
ペテロを叱責するうちに、バルナバがペテロと同じ側にいたため、パウロはバルナバも叱責し
なければならなかった。
「それはすべてのことの中でもっとも過酷な裁断であった。」
パウロのことばのなかに悲嘆がある。「バルナバさえ同じ道を行った。」
「すべての異邦人に対して温かい心を持っていて、食べる前に宗教上の儀式として手を洗うこ
とに従わない人々を、割礼無しに教会に迎え入れることに熱心であったあなたは、世界中で負
ける最後の人であると期待したのに。すばらしいデルベへの宣教の旅に行ってきたバルナバさ
え、ペテロが敗北したユダヤ主義の圧力に対抗して立つことができなかったのか。」と言ってい
るようである。

そこでバルナバも叱責されなければならなかった。−−人間的な言い方をすれば−−パウロ
はその人に世界中の誰よりも恩義があった。
パウロにチャンスをくれたのはバルナバであった。
パウロの回心したことを信じる人がエルサレムに誰もいなかったとき、バルナバは彼の偽りの
無いことを使徒たちに保証し、彼を紹介したのであった。
アンテオケにパウロを招いたのもバルナバであった。
バルナバが彼に戸を開いてくれた人物であった。
バルナバは第一次伝道旅行の危険と困難をパウロと分け合った英雄であった。ルステラで石
打ちにあった後、彼を優しく介抱し彼の意識を回復させた。

バルナバは決して彼を見捨てなかった。
バルナバはすべての道筋において誠実であった。
そして今や、彼の仲間であるバルナバさえも論点が分からなくなった。
愛する者に対抗し、友を裁くことは心に深く刻まれる。
しかしパウロは英雄であった。
彼は自分の友人たちにさえ対抗し非難するのに十分に英雄的であった。
 パウロの確固とした精神の大胆さを明らかに示す、考えられるあらゆる形の反対をするため
に立ち上がった。
驚くべき勇気の持ち主である人のみがなすことのできることを彼は実行した。
例えば、彼はキリスト教を新しいことばで装った。

彼は現今の人々の口に登る語彙を持ってキリスト教に刻印した。
彼はイエスのことばを完全に棄て、彼自身のことばで代用した。
彼は疑いもなくイエスのことばを熟知していたが、それらを使おうとしなかった。
彼の手紙の中や、説教の記録のいくつかに、私たちの主の譬えや山上の垂訓、あるいは最後
の夜の二回座敷における説教などからの引用が僅かに認められる。

これは驚くべき事である。
キリスト信者が集まるところどこにおいても語り伝えられている福音があった。
イエスが語られた多くのことを学ぶことなしに、パウロが語るに速いペテロと一緒に2週間を過
ごすことはできなかった。
パウロはイエスの奴隷であった。
イエスに倣うことは彼の誇りであったが、彼のことばのコピーではなかった。
彼は古い葡萄酒を新しい革袋に注ぎ入れた。
彼は新しい語彙の組み合わせを探った。
彼は世を回心させるために新しい武具を鍛えた。

使徒書簡のキリストは福音書のキリストであったけれども、誰かが福音書を通り過ぎて使徒書
簡に入っていくと、異なった世界に入っていったように感じる。
古いことばは過ぎ去った。
ことばはすべて新しくなった。
神の子のことばを使わず、自分が選んだ他のことばを採用した。それはもう一寸過ぎると無礼
にあたるぎりぎりの勇気である。
もしパウロがイエスのことばを使うことなくイエスの宗教を説教することができたのであるなら、
私たちはパウロのことばを使うことなくイエスの宗教を宣べ伝える事ができると言っても過言で
あるだろうか?
救い主としてのイエスについてのパウロの説教に戻るとき、彼の不屈の精神に私たちはもっと
も深い印象を受ける。

彼の大胆さを十分に評価することは不可能である。というのは、私たちは1世紀のユダヤ人で
はなく、私たち自身がパウロの説教を聞いた人々の精神的な態度をとることができないからで
ある。

ユダヤ人たちは幾世紀に渡って、力ある常勝の救い主を追い求めた。
自分の民を束縛から救い出し、彼らの敵たちを足下に踏みにじるのが救い主であった。
苦難の救い主の理念は一般人の心に嫌悪された。
打ち負かされる救い主の考えは信用されず、反感を持たれた。
ローマ人ごとき不信仰な異邦人の力で悪人として十字架に架けられることを許容する救い主
は、不合理で冒涜の極みであった。

イエスが、わたしはエルサレムに行って苦しめられ殺されると言われたときのペテロの心に沸
いた反感は、十字架に結びつけられた「救い主」という語を聞いたすべてのユダヤ人の心に繰
り返された。
十字架はつまずきの石であった。
十字架に関するいかなる言及もただちにユダヤ人のこころを閉じさせた。
十字架に架けられたイエスを救い主と呼ぶ人に、猛烈な怒りと押さえきれない憤りに駆り立て
られることなしに聞くことのできる敬虔なユダヤ人は誰もいなかった。
しかしこれがパウロのメッセージであった。
イエスは十字架に架けられ、そしてイエスは救い主であった。
彼は彼が足を踏み入れることのできたどの会堂においてもそれを宣べ伝えた。
彼らが彼を会堂から追い出したとき、彼は個人の家でそれを説教した。
個人の家が得られないときは、通りでそれを説教した。
彼はどこででもそれを説教した。
一つの町から追放されると、彼は次の町に行き、そこでそれを宣べ伝えた。
ある町で拒否されると、彼は他の町に逃れ、彼の説教をし続けた。
彼は暴漢たちによって騒がれたが、宣べ伝え続けた。
彼は自分自身を燃やしてしまう恐れのある火を燃やし続け、決して彼のメッセージを変えなか
った。
彼は血に飢え渇いた群衆に追われたが、彼は機会を得たとき、彼は向き直って群衆に語り始
めた。
それは常に同じメッセージ−−−「イエスは救い主である−−−人々は彼を十字架に架けた
が、神は彼を死者の中から甦らせた。」
これが、彼がダマスコで宣べ伝えたことであり、そのダマスコは彼が教会の根絶者という名声
を勝ち取るために行ったところであった。
彼らはパウロを裏切り者、背教者と呼んだ。しかし彼は彼らが彼を追い出すまで説教を止めな
かった。
彼はイエスの敵として高い評判を勝ち取っていたエルサレムでも宣べ伝えた。エルサレムが熱
狂の血に沸騰するまで宣べ伝え続けた。

疑いもなく彼はタルソでも宣べ伝えたことであろう。しかしその地での彼は惨めな待遇を受けた
にちがいない。というのは、彼は当時のことをどの手紙にも決して言及しなかったからである。
彼は行くところどこにおいても、彼はその説教によって恐れられ、嫌われ、呪われた。けれども
彼はひるまず前進し続けた。

当時の敬虔で良識のあるほとんどすべてのユダヤ人にとって、彼のメッセージは信じがたく、
馬鹿げていて、それは神を汚すものであった。しかしイエスは本当に、預言者たちの夢、世界
の望みである救い主なのだ、そして人々は彼を十字架に架けたが、神はイエスを死者の中か
ら復活させたのであると彼は宣言し続けた。

最も良い人々も彼が彼の福音と呼ぶものを恥じたが、彼は言った。「私は福音を恥としない。
私はそれを世界の首都で宣べ伝えたい。」
世界の別の場所では、ユダヤ人の地域よりも敵意が少ないとは言い難かった。
十字架は、ユダヤ人には躓きの石、ギリシャ人には馬鹿げたことであった。
ユダヤ人たちはパウロの説教を聞いたとき、歯がみした。ギリシャ人たちは彼に聞いてあざ笑
った。

ギリシャ人の心には復活の話は馬鹿げたことであった。
ギリシャ人はもとより1世紀の他の人々も科学的な考えを持っていた。
彼らは自然の法則をよく知っていた。
彼らは、何は起こりえて何は起こりえないか知っていた。
彼らは、死者は自分の墓から出てくることができないことを知っていた。
彼らは十字架に架けられた人が神であることはないと知っていた。
イエスが死者の中から立ち上がったという人は誰であれ非常識なことを述べているのであっ
た。
そしてそのことはパウロが常に語っていることであった。
彼は非常にしばしば「復活」という言葉を使った。それでアテネの郊外の群衆は、それを女神
の名だと思った。
「神は死者の中からイエスを甦えらせた」−−−と彼が宣言したとき、人々は軽蔑の目をもって
彼を見つめた。
教育のある人々は彼の非常識で納得しがたい物語を受け入れなかった。
しかし彼は言い続けた−−−「神はイエスを死者の中から甦えらせた。」
彼のギリシャの聴衆は、それを彼の滑稽な物語の頂点だとした。

憐れみと、そしりと、嫌悪の中で、パウロは語り続けた。「神はイエスを死者の中から甦えらせ
た。」

ギリシャ文化の中心に根付いていたアレオパゴスの上でパウロは、世界で最も開けた都市の
中の知識のリーダーである学徒の代表者たちに、ユダヤ人が十字架に架けたイエスは墓から
たちあがったと保証し、神は人類の裁判人に神が指定したユダヤ人は、使徒の働きの書の英
雄の最高の見せ場であった。

人類の全歴史のなかで、パウロの行動は人の行ったことのないもっとも勇敢な歩みであった。
教養のある人にとって文化的な聴衆の知的なあざけりは、啓発されていない、知的判断を重
大視しない無知な田舎者の怒りよりももっと勇気を必要とする。

ルステラでの群衆の怒りはアテネの批判的な学徒たちのあざけりほど勇気を必要としなかっ
た。
これらの文化の支配者たちの軽蔑をパウロは決して忘れなかった。
彼はアテネには決して戻らなかった。
彼はアテネ人たちには手紙を書かなかった。
アテネでの経験から数週間、彼の肉体は弱り、魂は落ち込んだ。しかし彼の勇気は衰えなかっ
た。

彼は、人々が十字架に架け、神が死者の中から立ち上がらせたイエスが救い主であるという
ことを宣べ伝える決意をした。
ここに神の子の勇気のごとき勇気がある。






戻る
戻る