聖化に関する一考察


野澤 睦雄



                         目     次

1.神が備えられた救いの概要
   1.神が人間に備えられた救いの概要
   2.新生、聖化、栄化に対応する歴史上のできごと
   3.記憶すべき要点
   4.ひとに与えられる神の救いの恵みの質と量の問題
   5.聖化は瞬時であること
   6.「自分を神に捧げて、潔められたと信じなさい」という勧めについて

2.聖霊に満たされた人と聖霊の関係
   1.聖霊に満たされた時、人と聖霊の関係はどのようなものとなるのか。
   2.聖霊が与えて下さる品性は動的なものであること
   3.行為の主体は自分であること
   4.証の勧め
   5.いつ聖化を求めるべきか、
    未だそれをいただいていない兄姉にいつそれを受けるように勧めるべきか。

3.光の中を歩む
   1.光の中を歩む
   2.聖化の恵を妨げるもの

4.全的堕落と聖化
   1. 全的堕落の意味
   2. 聖書が語る生まれたままの人の姿
   3. 全的堕落はサタンのかたち
   4. 全的堕落と聖化
   5. 聖霊はすべてのひとに働かれる

5.祈りの霊
   1.ひとに仕えておられる聖霊なる神
   2.聖霊と教会の時代
   3.信仰と祈りの霊

6.信仰の霊
   1. み父の要求に対する信仰
   2. み父の途(みち=手段、手順、経路)に対する信仰
   3. み父の能力に対する信仰
   4. み父の意志に対する信仰
   5. み父の賜物に対する信仰
   6. み父のみことばに対する信仰
   7. み父の愛に対する信仰

7.霊性と聖霊
   1.霊性と信仰生活
   2.霊性と神のかたち
   3.内住のキリストによる霊性

8.聖化を受けた後の後退
   1. 聖化、聖潔の状態からの転落の可能性
   2. 転落をもたらすものは何か
   3. 聖化の恵みを失った人物の例
   4. 一度失った聖化の恵みに立ち返ること

9.聖化の経験
   1. 主の弟子たちの経験
   2. パウロの経験
   3. 私たちの経験




1.神が備えられた救いの概要に進む


リンク  同労者へ


1.神が備えられた救いの概要
1.神が備えられた救いの概要
2.聖霊に満たされた人と聖霊の関係
2.聖霊に満たされた人と聖霊の関係
3.光の中を歩む
3.光の中を歩む
4.全的堕落と聖化
4.全的堕落と聖化
5.祈りの霊
5.祈りの霊
6.信仰の霊
6.信仰の霊
7.霊性と聖霊
7.霊性と聖霊
8.聖化を受けた後の後退
8.聖化を受けた後の後退
9.聖化の経験
9.聖化の経験
メール
メール